落語の種類

古典落語とは

落語と言えば、設定が長屋の住民、お侍が登場します。このような設定の落語は古典落語が多く、江戸時代~大正時代に作られた落語を一般的に古典落語と呼んでいます。

新作落語もある

対して、現代の設定の落語は「新作落語」や「創作落語」と呼びます。

寄席の演目

寄席では同じ演目を違う落語家が演じることはご法度となっているので、出演者は全員、異なる演目を演じます。

マクラ

落語の演目が始まる前に落語家が高座でするおしゃべりを「マクラ」と言います。落語を演じずに、マクラだけで高座を降りる落語家もいます。柳家小三治師匠は実際に演目が始まるまでのマクラが非常に面白く、その面白さはYoutubeでもご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です