タモリ倶楽部2021年2月19日放送回

最近は流浪しない番組、タモリ倶楽部。

黒セーター・黒ボトムに白いシャツの襟をのぞかせたタモリがコロナ禍により自宅で過ごす時間が長くなり、家族でできるゲームなどが流行中と説明。

そこへ左からクリープハイプ・尾崎世界観と麒麟・川島、右からはフリーアナウンサー・薄井しお里が登場。

薄井が「ファーストセンテンス・ゲーム」なるものを知っているかと全員に尋ねつつ、タモリ倶楽部で官能小説にてファーストセンテンス・ゲームを行おうと提案。

「タモリ倶楽部ですので官能小説と言われても…」と戸惑うタモリ。

名作には優れた書き出しの一文がつきものであり、その一文を推理して当てるというゲームと渡辺美佐のナレーション。タモリ倶楽部では度々お世話になっている官能小説でファーストセンテンスゲームを行う今回の企画。

官能小説のタイトル、帯、あらすじをヒントにそれぞれが官能小説の一文を考える。

最初の官能小説は「ときめきの終電逃し」八神淳一:著/竹書房刊。

副題「始発まで、いっしょにいてあげる… 終電のあと、女上司は淫らに迫ってきて!?」

裏表紙のあらすじ、通称「うらすじ」を薄井が読み上げ、タモリら3人は3分間で官能小説の書き出しにチャレンジ。正解を含む出そろった書き出し「ファーストセンテンス」は、

A:ごめんね、クーラー壊れちゃってて…

B:お邪魔します。

C:あらら、どうするの。

D:黄色い線の内側にお上がりください。

これらの中から、正解と思われる一文を選ぶ。

タモリA、川島B、尾崎Cを選択。

それぞれが選択した理由を説明。

正解は「B」。

ここで、正解以外の一文作者を紹介。Aは川島、Cはタモリ、Dは尾崎の作。

それぞれ、一文を導き出した経緯や、選ばれた際、選んだ際の感想を語る。

我らがタモリの作成したC「あらら、どうするの」は、部下が終電を逃した際に女上司が放った言葉をイメージしたそう。

作者にも自身のファーストセンテンスについてインタビューしたところ、

「お邪魔します」の一言で初めて女性の部屋に入る期待感と緊張感がないまぜになった気持ちを思い出していただければ、

だそう。

川島は正解を選んだ2ポイントと自身の一文が選ばれた1ポイントで計3ポイント、正解を選べず、自身のファーストセンテンスも選ばれなかった尾崎は0ポイント、正解を選ばなかったが、自身のファーストセンテンスが選ばれた1ポイントをゲット。

第2問は「人妻巨乳バレーボーラー」副題「寝取られM化計画」藤隆生:著/二見書房。

A:美織のはち切れんばかりの巨乳がアタックとともに揺れながら落ちた。

B:試合に勝ったはずなのに、美織の表情はさえない。

C:「監督、そんなところで止めないでください。」

D:(やだ、どうしてよりにもよってこの試合のビデオなの?)

正解はDで、選んだのはタモリと尾崎。

Aタモリ作、B尾崎作、C川島の作品。

ここで官能小説最新ニュース。

官能小説の売上減少!背景に鉄道の影響、とフリーアナの薄井。

解説員によると、官能小説の売上上位はターミナル駅の店舗だが、出張時などにサクッと読まれ、羽を伸ばしたくなったら官能小説であったが、コロナ禍により出張が無くなってしまったり、出社自体が無くなってしまったことの影響なのだそう。

鉄道に詳しい解説員としてタモリが紹介され、官能小説は電車に乗車している時間により選ばれる傾向があるともっともらしく解説。

続いては、Withコロナで癒し系田舎官能小説が急増したとの話題。

最近の注目コンテンツは癒し系田舎官能小説で、温泉気分を味わいながらいやらしい気分も味わえるところが魅力なのでは、と解説委員。

再びゲーム再会。

3問目は「ヨガリ妻」副題「いやらしい体の人妻ヨガインストラクターの抑えつけられていた欲望が放たれるとき…」「天羽漣:著/二見書房

今回は長文で、皆、官能小説に慣れてきたのか、正解を選択。

4問目は趣向を変え、帯文を考えることに。

「クリーニング屋の人妻たち」霧原一輝:著/イーストプレス

「さあ脱いで『・・・』からーー」『・・・』の言葉を当てる。

タモリが近い言葉の「洗っとくから」と回答するも「洗濯しとくから」とかなり近い。

最終問題「欲望百貨店」沢里裕二:著/竹書房、「全フロア『・・・』」。

尾崎が正解で「快楽大バーゲン」。

ゲームの結果はタモリ7ポイント獲得で優勝し、番組終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です