タモリ倶楽部2021年1月22日放送回

アメリカではジョー・バイデンが大統領に就任した。

毎度お馴染み流浪しない番組タモリ倶楽部は特別仕様のオンライン乗り鉄・後編。

ゲストは引き続きタモリ電車クラブの会員、市川紗椰、ダーリンハニー吉川正弘。司会進行はグローバー。

雪と氷にまみれたロシア共和国・ウラジオストク駅から再びオンラインで中継。

寒空の下、アンナさんがピロシキ屋台の前を通るとタモリらは興味津々でピロシキをリクエスト。ところが、ピロシキは売り切れで肉まんを購入。日本の肉まんよりもかなり大ぶりの肉まんにスタジオから感嘆の声。ツアーガイドのアンナさんが肉まんを割って見せると「一瞬にして凍るんじゃないの?」とタモリ。そんなことお構いなしに肉まんを頬張るアンナさん。「肉まんですね」の感想に一同爆笑。

その後、レールにカメラを向けると、今日はシベリア鉄道には乗り込めないことが判明。シベリア鉄道は夜に出発するので、収録時間内では撮影は不可。そこで、在来線の列車に乗車することに。

運転席の車体にロシア語で文字が書かれてあり、その列車の運転士の名前が印字されていることが判明。今回の列車は、アンナさんの説明によると、ソチオリンピックで使われた列車とのことだったが、正しくは2018年のロシアワールドカップに使用された列車だそう。

3列席のシートに再びスタジオが盛り上がる。ウラジオストクを出発し、次の停車駅はペルヴァヤ・レチカ。ペルヴァヤ・レチカには沢山の貨物列車が停車しているそうだが、時間の関係で今日のツアーはここでおしまいに。それを聞いて落胆する一同。せっかくなので、全員がマトリョーシカを片手に記念撮影でパチリ。

今回のオンラインツアー3,000円に「安いな」とタモリ。話しかけても無視することの多いアンナさんがよかったというマニアな吉川。

続いてインドネシアの首都ジャカルタからのオンラインツアー。インドネシアは日本の鉄道から引退した車両がセカンドライフを送っている国としても有名。そこで今回は懐かしの鉄道車体と再会するツアー。ガイドは西新宿に2年住んでいたというナスールさん。

ジャカルタ・コタ駅から中継。路上の屋台に目が行くスタジオ。アンナさんと違い無視しないナスールさんはフルーツ販売の屋台や揚げ物を販売している屋台などがあると親切に説明。

今回のツアー先のコタ駅は通勤通学に使われるターミナル駅で1887年のオランダ領時代に設計された歴史のあるもの。第一次伊藤内閣(1885年~1888年)の時代だというナスールさんの豆知識に驚愕する一同。

駅自体は歴史があるが、駅の規模としては東京駅というよりも上野駅に近いのだそう。構内は高いアーチ状の天井で、ヨーロッパの雰囲気を残しているとナスールさん。

既に切符購入済みのナスールさんはそのまま改札を通ってホームへ。初乗りは25km以下30円。

ホームに向かうナスールさん。かつて千代田線を走っていた列車6000系を見かけて歓喜するスタジオ。シルバーにグリーンのラインだった車体が赤と黄色の南国らしいポップな車体へと変貌。よくみると、車体にはうっすらと「JR」のサインが残っており、感嘆する一幕も。

車体に残った文字「千 ケヨ」から千葉支社の京葉車両センター所属の列車であったことが判明。

インドネシアでは2000年頃から日本の中古列車が輸入されるようになったそう。

続いて、「東 ヤテ」の文字から東京支社の山手電車区であることがわかり、山手線を走っていた列車であると知り、感慨深げな一同。

ここで、先頭車両の窓に金網がかかっているのが気になったスタジオ。たまたま居合わせた駅長に理由を尋ねると、いたずらによる投石での破損を防ぐためだそう。

列車に乗り込むと、日本では見かけない「売買禁止」「楽器の演奏禁止」などの注意書きに交じり、「ドリアン持ち込み禁止」のサインにスタジオ爆笑。時間となり、オンライン鉄道旅行は終了。

ここでも記念撮影をパチリ。

タモリをはじめ、一同大満足のオンラインツアーであった。

タモリ倶楽部2021年1月15日放送回

主要7か国首脳会議、通称G7サミットを6月にイギリスコーンウォールにて開催すると発表された。

お正月はどこにも行けなかったと不満げなタモリ。そこへタモリ電車クラブ会員のバイリンガル・モデル市川沙椰とダーリンハニー吉川正洋が右から登場。

左から「タモリ電車クラブで世界の鉄道旅行へ行ってみませんか」と司会進行の電車にあまり興味無いグローバーが登場。

巷で話題のオンライン旅行。今回はオンライン旅行を販売する旅行会社がタモリ電車クラブのために世界の鉄道旅行を特別企画、とナレーションの渡辺美佐。

オンライン旅行に参加するのは初めての3人。今日はオンライン旅行の先駆者H.I.Sから、八幡正昭さんが解説。

参加者と現地ガイドをZoomなどのツールでつなぎ、世界の観光地や絶景をライブで楽しめるのだそう。ただ映像を見ているだけでなく、ガイドに質問する等、双方向でコミュニケーションが取れる。

タイの台所・メークロン線ギリギリツアーに出発。

タイ在住20年のガイド、ぽっちゃり二人組がバンコクから南西に約80km離れたメークロン市場から中継。メークロン線は電気で動いているわけでは無いので、「列車」と呼んでください、とお断りが。

実際に使われているレールの間近に商品を陳列している屋台が並び、現地の人々は商品を動かす様子もなく商売に勤しんでいる様子に、列車の到着時間が近づき心配するスタジオの面々。

せり出していた屋根が畳まれ、電車の到着を知らせる警笛がなるも、レール際の商品はそのまま。黄色と赤を基調にグリーンのラインがアクセントのポップな列車通過後、我先にと畳んだ屋根を戻す路上ならぬ線路上市場。

タイの電車はプラットホームに高さが無く、線路脇から車内の階段を上がり乗り込む。ガイドが先ほど4両編成の車内を案内。今回乗り込んだ電車は日本車輌1985年製の車両であることが判明。車体にあるSRTの文字は「State Railway of Thailand=タイの国鉄」を指す。

出発する列車の最後尾車両に陣取り、駅舎から市場の様子を見ることに。列車が通過するや否や屋根をセッティングし線路上に入ってくる人々に感嘆。先頭車両へ移動時、開放的な連結部分に「海外ならでは」と感心する一同。

今回の60分ツアーは市販した場合、価格は3,000円程度と聞き、「安いね」と満足気なタモリ。中継先と気軽にやりとりができるところが気に入った様子。かなり乗り気で「次行こう」と積極的。

続いては「鉄オタ永遠の憧れ!極東の果てで世界最長シベリア鉄道を体感ツアー!」

始発駅出発から終着駅到着まで1週間くらいかかるが、市川は1泊のみ乗車経験があるそう。

ロシア共和国の極東ウラジオストクから中継。ガイドは新潟に留学経験のあるロシア人のアンナさん。

積もった雪の中に佇むアンナさんを寒くないのかと心配するスタジオ。しかし、晴れていて0度で暖かいと回答するアンナさんに、さすがロシア人と感心。

こちらは「ウラジオストク駅を鑑賞しシベリア鉄道と出会う旅」。ウラジオストク駅は1893年に開業し、ロシアの伝統的なスタイルの建物で、スタジオからは「可愛い」の声。ロシア鉄道は世界一長い鉄道で、ウラジオストク駅は終着駅。

寒くなってきたので駅構内に入ることに。早速荷物検査を受けるアンナさんとカメラ。検査が終了し、待合室へ。天井にはモスクワとウラジオストクの絵が描かれている。ソ連解体後の1991年までウラジオストクは外国人の立ち入りが禁止されていたそう。宮殿のように美しい構内が映し出される。

ホームへ行くにあたり、再び外に出るアンナさん。柵が凍っており、寒さを物語る。停車中の郵便列車にロシアっぽいと興奮する一同。

と、ここで時間となってしまうと告げられると「なんで」と声を荒げるタモリで番組は終了。

次週はオンライン鉄道ツアーの続編に決定。

タモリ倶楽部2021年1月8日放送回

再び非常事態宣言が発令された東京。

近頃は流浪しない番組タモリ倶楽部では、意外と季節感を重んじてお正月にちなんだ企画。

少々お腹が出てきたタモリがブルーのVネックセーターを身にまとい、金屏風の前にたたずむ。そこへ左から三四郎の小宮、右からは相田が「おめでとうございます!」と無理矢理明るく登場。小宮が新型コロナに感染する前に収録されたのだろう。

第7世代と呼ばれる若手芸人が活躍したとタモリが話しているところへ、自らを第6.5世代と名乗る二人。日本の伝統芸能「太神楽」においても、第7世代が台頭しているという。

太神楽とは神事がルーツであり、400年以上の歴史を持つとナレーションの渡辺美佐。

太神楽界のイチオシ第7世代決定戦と銘打ち、芸を披露してもらうことに。

ここで、相田がタモリに太神楽と言えば既に故人ではあるが、お馴染みの染之助染太郎師匠との共演経験を尋ねる。いいとも時代によく共演していたそうであるが、楽屋では暗かったとの談。しかし、あまり興味が無かったのか、「俺、第何世代とかってよくわからないんだよね。俺は何世代になの?」と言い出す無邪気なタモリ。

しばし世代談義をするが、太神楽の第7世代、太神楽曲芸協会に所属する若手4人が登場。曲芸で競い合い、来春のイチオシを決定する「来春イチオシ第7世代決定戦(太神楽の)」。全員着物に袴を着用し、古典芸能感は満載だ。

相田によると、芸人の第7世代はダウンタウンに影響されていないが、同じように太神楽の大御所、染之助染太郎師匠に影響されていない世代だそうだ。染之助染太郎の屋号「海老一」は現在、水戸大神楽家元・柳貴家勝蔵が継承している。

まずは定番、傘回し対決。

全ての演目には意味があり、「傘=末広がり」「枡=ますますご繁盛」「鞠=丸く収まる」となっている。鞠は自分でテニスボールに糸を巻き付け手作りしているそう。

今回登場の唯一の女性、よし乃の鞠はピンクの糸で巻かれており、枡も銀色の紙が貼られていた。本人曰く、高座に上がる際には気分を揚げたいためだそう。

平成7年から国の伝統芸能伝承者養成事業で「太神楽」の研修が始まった。研修で習う基本の技は「立てもの」「投げもの」「傘回し」の3つ。

今回は「乱回し」と呼ばれる傘をぐるりと回して鞠を拘束で回転させる技で誰が一番早く回せるかを競う。

さすが、全員上手に早く回す。タモリのリクエストで乱回しと普通の回し方を交互にすることに。一番早く回せたのは春本小助さん。タモリも過去に挑戦したが、上手くできなかったエピソードを披露。

続いて五階茶碗対決。勝者は鏡味仙成さん。

次はトーク力を審査。太神楽士ならではの悩みでは、「職業を名乗れない」。「太神楽師」と言っても、100%伝わらないのだそう。よし乃は「サービス業」で通している。長いものを所持しているため、空港でも止められることが多いそう。そこから、傘を何に入れて運んでいるかと話題に。製図ケースやバットケースを利用していることが判明。

小宮も不審者に間違われるエピソードを披露し、小さな笑いが発生。

気になる金銭事情を尋ねると、寄席での色物出演では大した収入にならないので、イベントなどの営業でどうにか生計を立てているそう。

傘を見ると回せるかな?というのも太神楽師の性。ビニール傘でもつい試してみるそう。

また、アゴの上で何でもバランスが取れるため、色々なものをアゴに乗せてしまいがちと言い、そのまま椅子のアゴのせを披露。

またもや曲芸に戻る一同。それぞれの新技を披露。よし乃がアゴの上に花瓶を乗せて花を生ける、バランス生け花を披露するも、テーブルの上に置いた花を取るのに手間取り、小宮の助けを借りる場面も。

その後もアゴの上にタブレットを乗せ操作したり、くわの上に茶碗をのせ、さらにタピオカミルクティーをのせて振り回す技、スマホに取り付けるリングライトを傘回しする、といった新技を披露。失敗するというご愛敬も。

一通り新技を見終わったところで来春のイチオシ第7世代太神楽師の決定を相田に促されるも、「そんな目で見てなかった」とまさかのおとぼけタモリ。

しかし、登場時のおめでたい賑やかな感じが無かったとの感想に、改めて登場シーンを行うことに。ところが、再度やってもなんだか全員大人しい雰囲気に決定しないまま、番組は終了。

タモリ倶楽部2020年12月18日放送回

厳しい冷え込みとなった師走。

毎度お馴染み流浪しない番組となってしまったタモリ倶楽部では、テレビ朝日のスタジオからクリスマス企画。

ハロウィンがメジャーなイベントとなってきたが、それでもクリスマスはハロウィンの5倍の経済効果なのだと説明する知的なタモリ。

そこへヤケクソ気味に左から入ってきたのはスカジャンを着たバイきんぐの小峠。ジングルベルの歌を楽しくなさそうに歌いながらの登場。今回の司会進行だ。

続いて右から登場したのはミュージシャンのハマ・オカモトとレキシ。レキシは何故か、タモリに向かって「メリークリス!」と連呼。「マス」まで言ってくださいとすかさずツッコむ小峠。

今回は、家電から発せられる電子音の中に音階を見出し、クリスマスソングを奏でるという「家電シンフォニー」。奏でる曲はクリスマスの定番ソング「もろびとこぞりて」。

企画に対し乗り気では無いタモリが選んだ家電は電動シェーバー。

音階を計測すると「ラ」と判明。

ハマが選んだ家電はドライヤー。風量で音階が変化することが判明。音階は「ド」。

レキシは炊飯器をチョイス。ところが計測器では判明せず、皆の音感で「シ」と断定。

小峠は自身の形状と瓜二つのハンディマッサージャー。音階は「ソ」。

一周し、再びタモリ。電動歯ブラシを選び、高い「ド」を発見。

ハマは電子レンジを選ぶもボタン音は低い「ソ」で使えない音階。

レキシは電動バリカンを選択するも、今度は高い「ソ」。

小峠は芝刈り機を選択で「レ」をゲット。

残る音階「ファ」を高圧洗浄機で探るタモリ。パワーを調節してファを捻出。

残る音階は「ミ」。ミキサーやシェーバー、ふとんクリーナーで試すもなかなか出ない。

電動ドリルも調節が可能な為、微調整し、なんとか「ミ」を絞り出す。

ドレミファソラシドがこれで完成。

一人2音担当で練習してみることに。どう聴いても家電の音が鳴っているだけにしか聞こえないが、何とか「もろびとこぞりて主はきませり」の一節のみ演奏完了。

視聴者としては「これはメロディーなのか?」と感じたが、タモリ一同、達成感があったようで、満足気な笑みで番組は終了。

タモリ倶楽部2020年12月4日放送回

代表作は「佐々木希との結婚」から新作「多目的トイレで5分一万円ポッキリ不倫」が代表作となった渡部建が再び話題となった年の瀬。

「毎度お馴染みのタモリ倶楽部」では、拍手に着目。

アーガイル柄のセーターで品の良さを漂わすタモリ。コロナ禍において、スポーツ観戦ができるようになったものの、大きな声を出してはいけないため、歓声に替わり、拍手が注目されているという。

ゲストはハライチの岩井と澤部、ミュージシャンの高橋優。岩井は司会進行を兼ねる。

人間は拍手でどれだけ大きな音を出せるのか、人類の挑戦「幸せなら手をたたこう」。

ナレーションはもちろん渡辺美佐。

まずは豊橋技術科学大学で空力音の研究をしている飯田明由教授が拍手について解説。

空力音とは空気が振動することによって発生する音だという。拍手はこれにあたるため、空力音の一種なのだそう。理論上では手をくぼませて空気を集め、両手を叩くと大きな音が出せるのだが、教授が手を叩いても小さな音しか出ず、「理論だけじゃないですか」と岩井に呆れられる教授。

事前測定で高橋98.7㏈、タモリ91.8㏈、澤部90.8㏈ を出した3人。どれだけ拍手のポテンシャルを広げられるのか?

最初に教えを乞う相手は日本フィルハーモニー交響楽団打楽器奏者、福島喜裕さん。手拍子のみで構成される楽曲「クラッピング・ミュージック」を日本で最初に取り入れた拍手界の重鎮。

打ち付けられる手にくぼみをつけて、打つ手の指を揃えて手を爆発させる感じで、スナップを効かせると大きな音が出ると説明。

ここで力説するも、実際に福島さんの拍手の音を聴くと小さな音に拍子抜け。岩井は「また理論だけが」といいタイミングで毒づく。

が、皆でクラッピング・ミュージックを演奏してみることに。飯田教授以外は上手く演奏する一同。

続いて、神主として職業がら手を叩く事の多い齋藤剛さん。試しに叩いてもらうも、やはり小さな音で「また理論だけか」とほどよくしつこい岩井。

お次はフラメンコダンサー伊集院さんが登場。手拍子はパルマと呼ばれ、全体のリズムを担う。そんなパルマに魅了された伊集院さんのリズミカルな手拍子。力任せに叩くのではなく、リズミカルに叩くと大きな音が出るという。手が合わさる瞬間に力を抜くのがコツのよう。

タンゴのリズムで拍手に挑戦。

最後に登場したのはJリーグ私設応援団代表の加納さん。なんと気合で叩けば大きな音が出るという。最後になぜ根性論?と疑問を持つも、普段の応援する拍手スタイルを披露。

そこで皆、スタジアムでもないのに「東京ベルディ!」と連呼しながら手拍子を打つシュールな場面に。

4つのレクチャーを受け、改めて音量を計ることに。

澤部以外はなんと音量が小さくなるという寂しい結果に。

最後はタモリ仕切りの全員による一本締めで番組は終了。

タモリ倶楽部2020年11月27日放送回

GO TO トラベル・キャンペーンに暗雲が立ち込める今日この頃。

毎度お馴染み、タモリ倶楽部では食品につけられた食感を表す「シズルワード」に着目し、世にあふれるシズルワードを紐解く企画。

ゲストは壇蜜、司会は麒麟の川島、ナレーションは渡辺美佐。

番組スタッフが調べたコンビニで見かけるシズルワードランキングを発表。

5位:サクッ、4位:ふんわり、3位:もちもち、2位:サクサク、そして堂々の1位は「しっとり」。

パン業界の老舗、神戸屋マーケティング部の笑瓶似の村瀬さんによると、「しっとり」はこの10年、パン業界でのパワーワードとなっているそう。神戸屋のパンだけでも17種に「しっとり」と名前がついたり、パッケージに印刷されている。水分を多く含んだしっとりした食感の商品が人気だ。

しかし、今や「しっとり」だけでは売れないので、「しっとり」に違う意味の言葉を加えて作っている。

続いてはヒット商品「東京ばな奈」やバームクーヘンショップ「ねんりんや」を手掛けるグレープストーンの企画開発担当、大野由貴子さんが登場。

タモリ曰く「最近のバームクーヘンは美味すぎるよね」。石田さんによると、「パサパサからしっとりへ、2000年代から革命的進化」があったそう。2005年頃から水分を多く含んだ商品を衛生的に包装する技術が向上し、洋菓子業界全体の品質が上がった。

今回、グレープストーンからスタジオにやってきたのは「モアモイストバーム もっとしっとり芽」。石田さん曰く、「英語として『モアモイスト』は誤り。本来であれば比較級は『モイスター』だが、響きにくいと感じ、文法としては誤っているが、響きやすい『モアモイスト』とした」。

スタジオで早速試食したところ、一同、しっとり感に納得。小麦粉に水分を蓄えるもち米を入れ、しっとり感を強めたのだそう。

ただし、「しっとり」は外国人にはピンと来ないのが悩み。しっとり、という言葉はあるが、食品に対して使われることがあまりないのだとか。

続いて、新食感の食品を食べてシズルワードを当てるコーナー。

相模屋「煮込んでおいしい絹厚揚げ」についているシズルワードを考える。

タモリ「チニュ」、壇蜜「ぷるっち」、川島「しんぷる」。

正解は「とろりん」。タモリ「とろりんじゃないねぇ」。

続いては練って食べるロッテ「ジェラートマルシェ安納芋」のシズルワードは?

タモリ「柔らかいねぇ」「芋の感じあるねぇ」選んだ答えは「ねっとり」で正解。

3問目はスイートガーデンからシュークリームにつけた商品名のシズルワードが問題に。これまでのシュークリームとは異なる外観に一同驚く。表面の弾力に「生後三か月の子どものほっぺと同じ感触でもちもち」。

タモリ「ふわとろ」、壇蜜「やわっぺ」。

正解は「ぽにょぽにょぽんよ」。語感の面白さもあり、このシズルワードが商品名に。

新たなシズルワードを生み出すコーナーに。

まずは壇蜜の故郷・秋田県の名物「ギバサ」。ギバサ(アカモクという海藻を細かくしたもの)はヌメリ成分(コフイダン)は免疫力を高めると言われ注目されている。壇蜜「とにかく細かく切って、三杯酢で和えて頂きます」。

箸で混ぜ、出た粘り気に喜ぶタモリ。「ごはんに掛けたいね」。

従来は「ねばねば」であったが、壇蜜「ヌルサック」。川島「ズボボ」。タモリ「にゅきり」。総合して「にゅっきり」に決定。

川島の地元・京都の名産「生麩」。ここで川島の故郷、宇治エピソードに。平等院が近所にあり、待ち合わせは平等院の前であったり、10硬貨はご当地コインだと思っていた幼少期であったそう。羨ましがるタモリはここから京都弁の話し方に。

生麩の従来のシズルワードは「もちもち」。タモリ「ぬんなり」。壇蜜「エアチズム」。川島「おふわりはん」。新たなシズルワードは「ぬんなり」に決定。

「えぇ勉強になりましたわ」と最後を京都弁でまとめるタモリであった。

タモリ倶楽部2020年11月20日放送回

小春日和が続く、2020年最後の祝日。

すっかり流浪しなくなったタモリ倶楽部では、スタジオに女王様2人をお呼びして、「SM格付けチェック」。

港区を拠点に活躍する雛奈子女王様と足技を得意とするスージーQ女王様。

司会はビビる大木、女王様達からおしおきを受けるのはアルコ&ピースの酒井と平子、霜降り明星のせいやの3人。ナレーションはもちろん渡辺美佐。

過去にタモリの発した「日本は変態後進国だ」という発言を持ち出す大木に、「変態ってのはイマジネーションだからね」と日本人には想像力が欠けていると嘆くタモリ。

そこにまさかのSMにドはまりしたせいやのエピソードトーク。好感度を楽屋に置いてきたと言い、「頼もしい」と大木。

まずはバラ鞭。高級品はSM専門の鞭職人「鞭匠(むちしょう)初代桃太郎」製作オーダーメイドで37,000円。対する一般品はネット通販で購入できる3,000円のもの。

黒い鞭Aと赤い鞭Bで全員を叩く雛奈子女王様。身もだえるアルコ&ピースの二人に、四つん這いの体勢を保ったまま喘ぐせいや。

3人が出した答えはアルコ&ピースの二人はBの鞭が高級品、せいやはAの鞭が高級品だとジャッジ。

回答はB高級品。唯一のSM経験者せいや、まさかの外れ。業界では「桃鞭」と呼ばれているそう。

続いて高級ブーツのチェック。Mは、ブーツで踏みつけられ革の匂いを楽しむ。

高級品はドイツのブーツ職人が製作したサイハイブーツで74,000円。一般品は上野で買ってきたロングブーツ5,000円。

アルコ&ピースの二人はBを選択、せいやは迷った末、Aを選択。正解の高級品はA。

ドイツの「フェルナンデス・ベルリン」製作のブーツは細いピンヒールと先の尖ったポインテッド・ドウがM男に人気で、舐めたがる人もいるのだそう。

ここでタモリのSM豆知識。ブーツは変態の入り口部分で、生身の身体から離れたものを好む程、変態度合いが高いのだとか。

雛奈子女王様の私物チェックのコーナーにて、上から吊るされたイギリス製のレザーバッグが登場。M男をこの中に閉じ込めておくもの。約10万円。

続いてドイツ製のラバーマスクとスメルバッグ。女王様の匂いのするものをスメルバッグに入れ、匂いを堪能するというもの。約3万円。

最後に登場するのはオーダーメイドの木製拘束ボックス。日本製で18万円。木箱の中に入ると手足、首、お尻が拘束され、足とお尻が外に出ているというもの。

最終問題は言葉責め。SMの女王様を始めて1か月の新人女王様とこの道10年のベテラン女王様。タモリが言葉責めの経験を問われると、小池栄子と宮沢りえに挟まれて言葉責めを受けた過去を披露。ひょっとして過去の「ヨルタモリ」での収録の出来事ではないのか?

A「変態だね」「キモい」と一刀両断。

B「本当は女に責められると感じる変態な体なんでしょ?…」

タモリは「歴の長さではなくて、好みがある」と主張。全員がBを選択。平子「言葉にストーリーがあった」。正解はB

タモリ倶楽部らしいエロスの断片が見られる放送回であった。

タモリ倶楽部2020年11月13日放送回

小春日和の週末。

毎度お馴染み「普通の」番組タモリ倶楽部でございます、とタモリ登場の後に出てきたのは、六本木ヒルズの多目的トイレを有名にした渡部健の配偶者、ヤンキー感ゼロの元ヤン美人妻・佐々木希と品行方正眼鏡俳優・鈴木浩介。今回の司会進行はタモリ倶楽部では分をわきまえて割と控え目の劇団ひとり。

今回は家庭で出来るセルフ油しぼりに挑戦。「今しぼりたい油がそこにある!秋の手しぼりオイル祭り!」ナレーションはもちろん渡辺美佐。

料理好きのタモリでさえも油の手しぼりは初めて。

タモリの前に置かれた油しぼり機は「SHiBORO-Pro65 131,780円」の高額油しぼり機。シリンダー内に種子類を詰め、圧力をかけて油を絞るというシンプルな構造。

鈴木は「SHiBORO-Pro30 93,280円」、佐々木は「SHiBORO-Pro mini 49,170円」をそれぞれ使用。いずれも山口県にある石野製作所の製品。本業は船舶の制御盤を生産している会社だそう。

まずはゴマから挑戦。シリンダーに食材を入れ、ハンドルを回し圧力をかけるとシリンダーの穴から油が出てくるというシンプルなもの。

早速タモリのシリンダーから油が出てくる。容器に油を回収すると、皆「いい香り!」

劇団ひとりもおもむろに「僕も絞ろうかな」と取り出したのは「電動搾油機シボラス 295,900円」のもの。スイッチを押せば自動で油が絞り出される優れものだ。

タモリはバケットにつけて、鈴木はキュウリにつけて「(油なのに)サラサラして、うまい!」と絶賛。

お次はアーモンド。しぼりたてアーモンドの油について、鈴木曰く「アーモンドよりもアーモンド」だそう。

絞り出したアーモンドの搾りかすを取り出したタモリ。食べてみると、「あっさりしたアーモンド」だそう。

劇団ひとりはアーモンドの搾りかすに砂糖をまぶし、更に絞ったアーモンド油であえたものを試食し、こちらも「うまい!」と一同興奮。

続いて好きな具材を絞ってみることに。鈴木はピスタチオの油にバニラをかけてみると、「バニラが勝つ」のだそう。

タモリはマカダミアナッツを絞るとシリンダーの穴からマカダミアの絞りかすも一緒に出てきて気持ち悪さ抜群。豆腐に塩とマカダミアの油は美味しいそう。

ココナッツ油をバニラアイスにかけた佐々木は「すごく美味しい」そう。

ピスタチオを豆腐にかけてみると「うっめぇ!」と大喜びの鈴木。枝豆豆腐のより美味しい味がするそう。

ピーナッツ・アーモンド・ピスタチオ・コーヒーを一緒に絞る劇団ひとり。

どうやら豆腐と油は抜群の組み合わせのようで、何をかけても美味しいようだ。

「プロの店はこれするべきだよね」と何を絞っても美味しい油に唸るタモリ。

最後はカルパスを絞る鈴木だが、これのみ失敗であったよう。

油の美味さにタモリが喜ぶ姿が微笑ましい回であった。

タモリ倶楽部2020年11月6日放送回

アメリカ大統領選挙はジョー・バイデンが現職大統領を破った。

毎度お馴染み「流浪してない」タモリ倶楽部では、帰ってきちゃった空耳アワー復活祭、後編。

ゲストは引き続き市川紗椰、松たか子、星野源+ソラミミスト・安斎肇。

今回は2000年代の空耳レジェンド。

スウィング・ロー・スウィート・キャデラック/ディジー・ガレスピー 「横浜、オー、横浜、オー、横浜、オー、横浜、オー、横浜?いや、そりゃおかしい、いや、そりゃおかしい、おかしい、おかしい、いや、おかしい、こりゃ間違いよ」

ユーズ・ミー/C.J.ルイス 「お湯ないか、 お湯ないか、ありがと、お湯ないか、お湯ないか、お湯ないか、お湯ないか、あるじゃねぇの」

ファイア・リンクス・イントロ/ショーン・ポール「目痛い! 目痛い痛い痛い痛い痛! どっち? どっちどっちどっちどっち? シャンプー! リンスはないさ!」

映像についてあれこれ話すゲスト。

お次はチャイルド部門

ウィスパリング・プレイヤ/TLC 「何点? 満点! 一応13点」

マンディ・モーニング/パルプ 「ツトム君、手伝う」

メイルボックス・アーサン/アレクシスオンファイアー 「嫁ブサイクでした 嫁ブサイクでした」

今回はレジェンド作品の中から選ばれた作品には、安斎肇画伯のデザインしたTシャツが贈呈されることに。

続いて新作空耳を発表。

君から離れられない/レッド・ツェッペリン 「にんべん無ぇのか」

オナヴェディ/キャラントセッテール 「チ〇コ取れてる チ〇ポコ」(フランス語)

サラダクラリダ/エル・レプリハーノ 「皿 皿ばかりだ 皿 皿ばかりだ 皿 皿ばかりだ」(スペイン語)

「にんべん無ぇのか」は名古屋市 森脇静介さんの作品。映像も自前の為、耳かきとメガホン。

「チ〇コ取れてる チ〇ポコ」は西東京市佐々木一成さんの作品。星野源も立ち上がり大爆笑だったせいか、タモリの反応もよく、Tシャツに決定で一同拍手。

ついでに「皿 皿ばかりだ」の山口市 橋本仰平さんの作品にもTシャツが贈られることに。

続いての新作

我が心のジョージア/マイケル・ボルトン 「億万長者」

星に祈りを/ローズ・ロイス 「鉄板の割れ目」

キープ・イット・アウト・オブ・サイト/ドクター・フィールグッド 「どうすんのバレたなら」

「どうすんのバレたら」の作品は八王子市 桐原克行さん。動画も桐原さん作。なんと、テレビ朝日系番組のADとして2か月だけ働いた経験が。

「億万長者」は東京都港区 大塚雄介さんの作品で、手ぬぐいを贈呈。

「鉄板の割れ目」は藤沢市 小幡瞭介さんの作品で動画投稿だったので耳かきとメガホン。

続いては2000年代レジェンド作品から「グルメ部門」。

エル・タンゴ・ド・ロクサーヌ/ユアン・マクレガー ホセ・フェリシアーノ&ジェケク・コーマン 「うな重 うな重 うな重 うめぇ! 6千円」

マザー・ポップコーン/ジェームズ・ブラウン 「フグよ! 結構!」

ボサ・ノヴァ・ベイビー/エルヴィス・プレスリー 「お酢をください」

ファイブ・ミニッツ/サウンド・プロヴァイダーズ 「イヤ イヤ イヤ 違う違う 分けれ分けれ 麺分けれ」

星野源評では「全体的にミュージカルっぽい」

引き続きレジェンド作品から「不条理部門」。

ヒーロー/ボニー・タイラー 「兄が疲労 アホに殴るヒロちゃんに遠慮がない」

ヒア・カムズ・シックネス/マッド・ハニー 「レンコン好きです レンコン好きです レンコン好きです 今誰っすか?」

抱きしめたい/ビートルズ 「アホな放尿犯」

ここで安斎画伯デザインもほぼ出来上がり、ソラミミストからタモリにはサングラスを、松たか子には松、星野源には星のイラストを描くようにリクエスト。4人のコラボTシャツを作成することに。

最後のレジェンド作品「ご長寿部門」から。

ウータン第7の習練/ウータン・クラン 「よよ 嫁! ホラホラ 嫁! フマキラー付いてるよ」

パパもママを愛している/ジプシー・キングス 「ばばぁ ばばぁ 飛んで高田馬場」

清らかな女神/フィリッパ・ジョルダーノ 「あの イボ痔 あの イボ痔 ああぁぁ」(イタリア語)

2000年代は以上で終了であるが、2010年代に入るには時間が足りないということで、今回はこの中からベスト・オブ・レジェンドを投票することに。

審査員長のタモリが発表したのは「嫁 ブサイクでした」であった。

満場一致でのベスト・オブ・レジェンドであったが、タモリは「俺、入れたけど、これじゃないと思ってた」との評であった。

タモリ倶楽部2020年10月30日放送回

暦の上では霜降。

最近ちっとも流浪しないタモリ倶楽部では今回もテレビ朝日のリハーサルスタジオで収録。

すっかりスタジオに飽き気味の我らがタモリ。右から星野源、左から松たか子が登場。今回は半年ぶりとなる空耳アワー。

ナレーターの渡辺美佐によると、休止期間中に届いた「空耳」の新ネタ投稿はネットとハガキを合わせて1万通。たまりにたまった新作をドドーンと発射。おまけに今回は過去のレジェンド作品も大放出の大盤振る舞い。

新作・名作大放出!!帰ってきちゃった空耳アワー復活祭

白髪多めのソラミミスト・安斎肇がテーブルの左端に鎮座。中心にはもちろん、タモリ。「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる空耳アワーのお時間がやってまいりました」。

今日は助っ人として市川紗椰が登場。綺麗な人だが、空耳感は無い人選だ。おそらく本人も気付いているだろう。

まずは新作3連発。

ワイルドでいこう!/ステッペンウルフ 「Born to be wild」が「盆とビワ」。映像は投稿者の撮影。

ダークサイド/グライムス 「Eternal pain of my body」が「一張羅の前張り」。

ダーク・バレエ/マドンナ 「あやまる仕草も一級品」

「ダークサイド」「ダークバレエ」は共に東京都多摩市の阿部崇さん。休止期間中のハガキ投稿数はなんと572通。空耳が終わって欲しくないという使命感から、投稿し続けたのだそう。

タモリの評価は「盆とビワ」…てぬぐい、動画作品ということで、メガホンも。

「一張羅の前張り」「あやまる仕草も一級品」…耳かきに決定。

続いて新作が続々。

トゥサ/カロルG ニッキー・ミナージュ 「これパソコンて言うの」(¿Que pasa contigo?:スペイン語)

ウォーク・アウェイ/マット・モンロー 「奥へ置こう」(Walk away walk on)

ティ・ヴィレヴォ・デディカーレ/ロッコ・ハント 「ドタバタコメディー」

アイ・オブ・ザ・タイガー/サバイバー 「エビが浸かってる氷」(Had the guts got the glory) ※動画も投稿者。

「エビが浸かってる氷」は動画投稿なのでメガホンと耳かき。

「これパソコンて言うの」は大分県大分市の首藤春輝さんの作品で耳かき。

「奥へ置こう」は岡山県玉野市の相賀浩紀さん。こちらも耳かき。

「ドタバタコメディ」は石川県かほく市の森鼓さんの作品でタモリ曰く「めんどくさいから」ということで耳かきに決定。

ここで星野源が「空耳アワーの最初の投稿作品を観たい」と提案し、1992年7月3日の記念すべき第1作目を視聴することに。

シーズ・オブ・ラヴ/ティアーズ・フォー・フィアーズ 「母ちゃん許して」(High time we made a stand) 。埼玉県山崎薫さんの作品。

「ここから始まったんだねぇ」とタモリも感慨深げ。ここでソラミミスト・安斎が、この空耳放送後に、この曲が自動車のCMで使われ、車の宣伝のみならず、空耳の宣伝もしてくれたというビックリエピソードを披露。

ここら、10年区切りでレジェンド作品を大放出。

90年代 ワンカット作品が隆盛を極めたそう。

ミスター・ブラウンストーン/ガンズ・アンド・ローゼズ 「兄の位牌…ヤクザ」

スムーズ・クリミナル/マイケル・ジャクソン 「パン 茶 宿直」

アイ・ウォナ・ビー・ライク・ユー/ディズニーアニメ『ジャングルブック』「チンコすごい」

ベン、ベン、マリア/ジプシー・キングス 「あんたがた ほれ見やぁ 車ないか… こりゃまずいよ…」

00年代

リクープ・ジス/クーリオ 「いらっしゃいませ」

ウォークアバウト/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「読めない」

フラッシュのテーマ/クィーン 「ゴールじゃない」

チェスボクシンの闘い/ウータン・クラン 「ウソッ、釈放?」

更に、今回のレジェンド作品の中から大賞に選ばれた作品には、番組のオリジナルTシャツがプレゼントされることに。Tシャツのベースはソラミミストが作成することに。(本業はイラストレーター)

SUN部門(=お父さん、お母さん、等の「さん」の文字がつくもの)

ウィスパリング・プレイヤ/TLC 「おっさん おっさん おっさんか?おっさん えー、自分だと思う」

風変わりな少年/セルジュ・ゲーンズブール 「お客さんに嫌われるぞ」

スイム/フィッシュボーン 「おじいちゃ~ん!! ザッボーン!!」

ダミ声部門

チーク・トゥ・チーク/エラ・フィッツ・ジェラルド&ルイ・アームストロング 「できればスパゲティ」

ハイラーテ・ミッヒ/ラムシュタイン 「混ぜて飲んで」

ポルトガルの4月/ルイ・アームストロング 「あんさん、日本人…」

ここで次週に持ち越し。新作空耳も乞うご期待だ。