新宿眼科画廊へ行ってみた

2014年、自称芸術家が逮捕されたというニュースが飛び込んできた。女性器の3Dデータを知人男性に送ったことが、わいせつ物頒布等の罪となった。

その時、「自称芸術家」という意味不明の肩書が面白いと思った程度で、私は芸術としての女性器に思い入れも無かったので、そんな事件があったことなど忘れていた。

それから6年経った2020年の今年、私は自称芸術家「ろくでなし子」を再び目にした。6年の間、彼女は外国人ミュージシャンと国際結婚し、出産し、控訴していた。

彼女は真の意味でのフェミニストであることを知った。彼女の主張は一貫性があり、非常に好感が持てた。

私は1年程前に流行した「Kutoo運動」なる、ハイヒールに代表されるような服装規定を女性に課すことを問題視したフェミニスト達の活動を冷ややかに見ていた。

元々はハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインによるセクシャル・ハラスメントを告発する際に「MeToo運動」として被害女優達が賛同し、その結果、大物プロデューサーは逮捕されるに至った。

しかし、「KuToo運動」はどう考えてもそれを劣化させていた。靴と苦痛をかけた駄洒落はデーブ・スペクター的センスのキャッチコピーであった。

話を戻そう。真のフェミニスト・ろくでなし子である。

彼女の作品が7月22日まで、新宿眼科画廊「バースト・ジェネレーション:死とSEX」展で展示されているというので山手線を半周し、はるばる新宿まで行ってきたのである。

彼女の「MANKO」というキャラクターは女性器を簡略化させたサッパリしたデザインで、クマモンと同じく凡庸なキュートさがあった。

MANKOのロゴはどこかで見たことのあるような丸っこいフォントのロゴで、既存の玩具メーカーを踏襲しており、そのセンスもよいと感じた。MANKOはサンリオのドル箱キャラ「ハロー・キティ」のおもちゃの家の中で、同じくキュートで凡庸な警官人形とリビングでくつろいでいる。

キティちゃんの家の横は交番にも見える建物があり、鉄格子の中にMANKOがたたずんていたりとなかなか示唆に富んだ作品であった。

芸術家・ろくでなし子の作品の隣にはガロ系漫画家である根本敬の奇妙な作品が展示されていた。美しくない容姿の男女の半裸の写真であるとかだ。

根本敬は私がガロを愛読していた1990年代後半、「特殊漫画家」として活躍しており、醜い中年男性が主人公の救えない話ばかりの作品に惹かれた事を思い出した。美しい男女が恋をしたり、恋を失ったりする漫画に溢れている中、リアリズムを表現した根本敬に共感した。

「鬼畜悪趣味カルチャーの先駆者」という紹介にも、私は「なるほど」とうなずいた。

他の作家の作品も様々で、朽ち果てた遺体の写真や、人間の皮膚に直接つりばりのようなものを打ち込み体を吊り上げている写真に、思わず一歩、後ずさりしてしまう衝撃作品の数々であった。

私が最初に買ったのは他のバージョンの「生きる」でした。

タモリ倶楽部2020年7月17日放送回

先週からみうらじゅんやら蛭子能収の事を考えていたら、「ガロ」の正統後継漫画誌「アックス」の表紙原画展がビリケン・ギャラリーにて開催されていることを知った。

更に「ガロ作家」である根本敬も参加しているエキシビジョン「バーストジェネレーション・死とSEX」にも訪れ、我ながらサブカルな週末であった。

特に我が国屈指のお洒落エリア・南青山にあるビリケン・ギャラリーで開催された「アックス表紙原画展」では展示した原画をその場で販売しており、その多くが既に売却済みとなっていた。

みうらじゅんと根本敬に次々とお題を与え、即興で既存のキャラクターを描いた、という結構な量のイラストもクリアファイルにまとめて展示されており、流石の実力に感嘆した。

毎度お馴染み流浪の番組タモリ倶楽部では、先週に引き続きみうらじゅんによる「ないブームとはもう言わせない!みうらじゅんの『絶対くるブーム』後編(リブート)」。今週もゲストは司会進行のカズレーザーとリモートでプレゼンを行うみうらじゅん。

カズレーザーの失言「ゴミ」に対する抗議から番組はスタート。

後編の一発目は地図に描かれた道路の端が丸くなっているものを「マルチーズ」と呼んでおり、収集しているという。みうらが説明を終えた途端、次に行きたがるタモリであったが、一応話を聞くことに。

みうらによると、歯医者の地図にはマルチーズが多く、水商売のホステスが使う角が無い名刺を思い起こさせるそう。長方形の名刺の角を丸くしているのは、「角が立たない=思いやり」から来ているそうで、その思いやりを地図に取り入れた結果、子どもが怖くないように道路の先端が丸くなったのではとの推論を披露。しかし、「子どもは地図見ながら歯医者には行かないでしょ」とツッコむタモリ。

地図の形状についても、漢字「米」のような放射状の地図、「井」のように交差する形状の地図、また「エレクト目(もく)」については、必ず目的地には「ココ」という記載があるという。ソフトな下ネタに一同、口が緩む。

次の「絶対くるブーム」は台湾を代表する博物館「故宮博物院」の所蔵品・肉型石、通称「角煮」のグッズを収集しているという。以前、台湾を訪れた際、翡翠(ひすい)の彫刻、通称・白菜が貸し出されてしまい、角煮のみが故宮博物院に展示されており、ソロで大丈夫か?と心配になったそう。それ以来、台湾国内で角煮のグッズを集めることにしたそう。意外と多い角煮グッズは、スノードーム、冷マから果てはレゴまでがあり、台湾にはどうか角煮を流行らせようとした電通のような人がいたのでは?と推測。

ここでカズレーザーが昨今のトレンドであるミニマリストとは真逆ではないかと投げかけるも、「資料ですから、捨てるとかそういう範囲には入って無いんです」と潔く答えるみうら。

早々に飽きたタモリが「次にいきましょうか」と促すと「現場にいればタモリさんが飽きたのはすぐわかるんですが、(リモートだと)わからないので、すみません」と平謝り。

7番目の絶対くるブームは「拓映えブーム」。石碑や金属の文字を写し取ってインスタグラムのように映えさせるというブーム。なんと、みうらじゅんの亡くなった祖父が拓本の著書を出版したのだが、上巻・中巻まで出したものの、下巻を出さないまま亡くなり、いつかそれを引き継ごうと思っていたそう。

製作方法であるが、拓本したい文字の上に紙を置き、「釣鐘墨(つりがねずみ)」なる墨で擦れば簡単に拓本が取れるというものを紹介。みうらもこれを使い拓本しているという。

いくつかの作品の中から「わたしのみうらじゅん」と書かれた拓本を披露。これを「集め拓」と呼び、色々な場所からこれらの文字のみを収集して拓本したそう。

映像ではなく、拓本という一手間をかけた方が味が出るそうで、シンスの拓本も披露。御朱印、日本刀ブームが来ている中、拓本はその先を行っており、面白いのではと好感触のタモリ。

カズレーザーもそれに乗っかり「拓本で番組一本イケますね」。

それを聞き逃さないのが我らがみうらじゅん。「これはプレゼン会議じゃないですよね、放送しますよね、映りますよね」と心配するみうら。

8番目の絶対くるブームはゴム製のワニを集めた「ワニック ブーム」。

「以前、ゴムヘビを集めたブームがあると嘘をついたことあったじゃないですか」と以前のブームが捏造であったことを大胆に白状するみうらに一同苦笑い。

今回のワニについてもヘビが関係しており、祭りの露店でゴムヘビとゴムワニは必ずペアで売られているという。

蛇は神の使いという意味があり、ワニはインドのガンガー(ガンジス川を神格化した女神)の乗り物、クンビーラだったそう。ワニはガンジス川の化身と言われ、クンビーラが日本では金毘羅と呼ばれるようになったという。水回りの神様がワニであることからお祭りの時に神社の参道で売られるようになったそう。

しかし、世間的にはワニブームは何度か失敗しており、1980年に製作された映画「アリゲーター」は同年の作品「ジョーズ」の大ヒットにより無かったことになり、1986年に制作された「クロコダイル・ダンディー」では「ダンディー」に持って行かれてしまったそう。

その上、今、日本でワニが手に入るところはラコステと熱川バナナワニ園くらいしか無いと嘆くみうら。

カズレーザーが「100日後に死ぬワニ」はどうだと提案するも、方向性が違うそうで即却下。

2週続けて計8本の「絶対くるブーム」を紹介し、タモリがいいと思ったのは「拓本」。ここで番組の総括として「『絶対くる』って言って『来ないだろう』って笑っているのはタモリ倶楽部側ですからね。僕はもう来てるので」とみうら。

最後にタモリも「じゃあ、これは処分で・・・」と嬉しそうに言うと、早速「まだ収録終わってませんから、聞こえてますよ!」とツッコむみうら。追い打ちをかけるように「ゴミの日は火曜日ってことはわかってるので」とカズレーザー。ここで番組はエンディングを迎えた。

こちらも名著!みうらじゅんの思想が詰まった「正しい保健体育」。
教科書と見まごうばかりの装丁にもセンスが光る。中二病のバイブルです。

蛭子能収の認知症ニュースで思い出したこと

サブカルチャーという言葉がサブカルという略語になったのはいつ頃だろう。

サブカルを目指した覚えは無いが、好きなものがサブカルというジャンルに振り分けられることが多かった。その中のひとつに蛭子能収の漫画があった。

蛭子能収の面白エピソードについては枚挙にいとまが無いし、ウィキペディアにも多数載っており、そちらを参考にして頂きたい。

私がガロを読むようになった頃、蛭子能収は既に漫画家ではなくテレビタレントとして認知されている人だった。しかし、私にとってはガロ漫画家として尊敬の対象であった。

90年代の前半くらいだったと思う。ガロのカバーページに蛭子能収が登場し、特集が組まれた。しかしその頃、既にテレビの人になっていたせいか、骨のある作品を描くことは少なくなっていた。その代わり・・・かどうかはわからないが、過去の珠玉の作品の中から、代表作品ともなった「地獄に堕ちた教師ども」が再掲された。

蛭子漫画の登場人物たちは陰影を強めに描かれた。主人公となるのは教師だとかセールスマンだとか、わりとどこにでもいるスーツを着るような職業に就いた中年男性で、彼らが唐突に怒りを爆発させ、その挙句、大して関係の無い他人をあっけなく殺めてしまう、という突飛なストーリーが多かった。

蛭子漫画には暴力性や狂気はあるが、私は読んでいて闇を感じたことは無かった。阿部公房の作品を読んだ時にもこれに近い感覚を抱いた。私が初めて買った蛭子能収の単行本もやはりこの「地獄に堕ちた教師ども」だった。

当時はインターネットはおろか、携帯電話も普及していない頃で、本を買うには本屋に行き、店頭に無い作品はその場で注文するしかなかった。そして、1990年代でさえも既に絶版となっていた蛭子作品を田舎町で入手するのは困難であった。

出版された単行本のタイトルも個性的で「私はバカになりたい」だの「私の彼は意味がない」だの「馬鹿バンザイ!」というといった具合だった。店頭で注文するときに少々恥ずかしい思いをするほど、私は純情であった。妙齢だった私が尖りに尖った作品に感銘を受けたのはもう30年近くも前なのだ。

転居を繰り返した私の手元に、蛭子作品は無くなってしまったが、多感な頃に蛭子漫画に触れることが出来たのは、私の人生にとって収穫だったと思う。

軽度の認知症という診断を下されてしまったが、一貫して正直者であるが故の「ちょっとおかしな人」という立ち位置にこれからもいて欲しいと願う。

蛭子能収の狂気に触れることの出来る作品。名作です。