新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の傍ら、落語教室について思い出したこと②

7都道府県にて非常事態宣言

4月7日の夜、緊急事態宣言が7都道府県に出され、デパート・映画館・美術館の営業自粛は週末のみならず、4月8日から5月7日までの1か月間となった。

都内の演芸場は5月6日まで興行自粛を発表した。

この期間、人の集まるイベントは全て中止または延期となった。

引き続き、外出は生活に必要な最小限での生活を求められた。

初天神の台本作成

前回説明したように、柳家小三治師匠の「初天神」の台本作りにとりかかったのであるが、初天神には小さめのオチがちりばめられている事に気が付いた。

初天神のあらすじ

天神様へお参りに行こうとする父(夫)に、母(妻)が外出中の息子も連れて行くように頼むが、嫌がる父。

そこへ息子が帰宅し初天神のお参りをしたいとせがみ、しぶしぶ連れていくことに。

承②

案の定、連れて行った息子は道中にある露店で何かとねだり、父は拒むが結局は根負けして買い与える羽目に。

最終的に凧が欲しいと息子が駄々をこね、仕方なく買い与えると次は凧あげしたいと言い出す始末。

父、仕方なく凧あげに付き合うも、自分が楽しくなってしまって息子そっちのけで凧あげに夢中になり、息子に呆れられる。

面白い落語はストーリーではない!

あらすじだけ読むとなんとも凡庸な話だ。

しかし、面白い映画も面白い落語も、重要なのはストーリーでは無いと私は常々思っている。

脚本と発せられる言葉やしぐさによるディティールの説得力なのだ。(③へ続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です