落語って何?

笑点と落語

落語が好き、というとテレビ番組の「笑点」ね、と言われることがあります。笑点は落語家が出てきて大喜利をしていますが、落語を演じているわけではありません。落語とは舞台(=高座)の上で落語家が演目(=落語)を演じることを言います。

どこで見れるの?

都内だと、落語をはじめとする、講談や漫才を演芸場の寄席で観る事ができます。

・新宿末廣亭

・浅草演芸ホール

・池袋演芸場

・国立演芸場

・鈴本演芸場

・お江戸日本橋亭

・両国亭

・黒門亭

・神田連雀亭 etc…

他にも落語を聴きながらお食事ができるお店「小料理屋 やきもち」があります。

誰の高座を聞けばよいのかわからない

ダイヤモンド・オンラインの記事(2016年)によると、800人の落語家がいるそうです。テレビに出るような有名な落語家は数名くらいしかいませんね。高座に上がるような落語家は何年も修行を積んでいます。寄席では多くの落語家が登場するので、知らない落語家の高座や演目でもはやり面白く聞けるようになっています。

行くタイミングがわからない

演芸場にもよるのですが、昼の部・夜の部で分かれていたり、夜のみだったりします。基本的には毎日寄席は開催されています。各演芸場にホームページがあるので、そちらで確認できます。基本的には演目と演目の間に入場できるようになっています。

無料の素人落語会

都内ですと素人落語会が両国亭などで開催されています。素人ですので、無料で開催されているので試しに足を運ばれては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です